So-net無料ブログ作成

大阪の胆管がん16人、労災認定 [健康]

全国の印刷所の作業員に胆管がん患者が多発し、
労災申請が相次いでいますが。
発端となった大阪市の印刷所の16人が労災認定されるとのこと。

労災認定は通常労基署で行うのですが、今回はアスベスト同様、
認定が難しいため、厚生労働省で認定基準を固めているそうです。

以前、アスベストが問題になったとき、
「この天井の素材は類似ですがアスベストではありません、
ご安心ください」
という張り紙をよく見ましたけど。

いや、製糸工場で結核が多発したのと同じでしょう。
問題は、素材の形状で、似ている形状なら危ない、
と思いましたが。

今回の胆管がんの場合、形状でしょうか、成分でしょうか。





nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。